【バイブル連載vol.3】レビ記

聖書を66日で読む方法

 

こんにちは!JEANです。
本日はレビ記について書きます。

 

レビ記のテーマは「聖別」です。

 

イスラエルの民はシナイ山のふもとで幕屋を完成させました。
問題の多い人間たちが、どうやって神との関係を築くかを解説しています。

 

大きく2つに分けられ、前半は神を礼拝する方法で、
後半は正しい生活を送るための指針です。レビ記では、
いけにえ、祭司、つぐないの日によって、神に向かう道が開けますが、
私たちは、神が本当にいることなんて信じていなかったことを反省し、
キリストを信じることによって道が開けます。

 

いけにえや献金は表面的に行うのではなく、内面的に行動することが
奨励されています。一言で言えば、神は今日も変わっていないこと
を語っています。神から与えられた指示を今の社会で、どう行動に
移すかを読み解くことを考えさせられます。

 

How to read the Bible in 66 days

  

The 3rd day The theme of Levi is “sanctify.”

 

The people of Israel arrived at Sinai and they made the tabernacle completely . It is written to the book of Levi how the human being who does not know God becomes friendly with God. It is roughly divided into two, and it is the directions for worshipping God the first half, and the standard for leading a clean life the second half is written. Although the way is paved for going to God by the day of a sacrifice, a priest, and compensation in the book of Levi, we admit not having believed the thing of God and a way opens them by trusting Christ. Neither a sacrifice nor a contribution is performed externally, but acting internally is encouraged. Here, if many commands which God taught to Moses at the foot in Sinai are described and it says at a word, it is telling that God has not changed today also, either. It is made to be considered to read and solve how the directions given from God are put into action in the present society.