【バイブル連載vol.4】民数記

聖書を66日で読む方法

 

こんばんは!JEANです。
本日は、民数記について語ろうと思います!

 

民数記のテーマは「教訓」です。

 

イスラエルの人たちは、軍務につく人たちを数えるために人口調査を行い、
新しい土地に向かう準備を始めました。
ところが、食べ物の不満が爆発し、指導者モーセに逆らうという事態
になってしまいました。そうしてシナイ半島を39年間も、次の世代に
代わるまでさまようことになってしまいました。
つまり、準備だけで終わってしまいました。
新しい世代は戦争に勝ち、ヨルダン川の東側にいました。
約束の美しい土地を手に入れるには川を渡る必要がありました。

 

これらの出来事は私たちがイスラエル人と同じ過ちをしないように、
彼らの体験から不信仰が災いを引き起こすことを学べます。
不平を呟いたり、性的な過ちをしたりすることから離れて、
妥協して信仰を弱めてはいけないというメッセージが込められています。

 

How to read the Bible in 66 days

 

The 4th day

 

The themes of Numbers are “teachings.”

 

The people of Israel performed the population census, in order to count people attached to military affairs. They began the preparation which goes to new land. They made a complain of food. It is the situation of opposing leader Moses. They will move 39 years in the Sinai Peninsula. They strayed the way until it replaced the next generation. They have finished only with preparation. A new generation won war and was in the east side of the Jordan. Israelis needed to cross the river for getting promised beautiful land. It is written that these occurrences do not carry out the fault as Israelis with same us. It can learn that faithless his statement causes evil from their experience. It is important to murmur a complaint or to separate from a sexual fault. The message that it must not compromise with the wrong culture and must not weaken faith is put.