【バイブル連載vol.7】士師記

聖書を66日で読む方法

こんにちは。JEANです。
今日は士師記について話します。

 

士師記のテーマは「失敗」です。

 

士師記の展開はワンパターン繰り返しです。
イスラエルが神の前に悪を行います。神はイスラエルに怒りを向け、
他民族によってイスラエルを苦しめます。
苦しみの中でイスラエルが神を呼び求めます。
それゆえ、神が立てる士師によって、イスラエルは他民族から救われる
という流れです。

 

士師記は「イスラエルがどれほど失敗しても、神はイスラエルを捨てることはなかった」という記録です。
神の愛は親の愛にも似ています。
イスラエルが神の道から外れた時に、こらしめても連れ戻そうとしたのですね。そんな神の愛を「歴史」というかたちで預言しています。

 

神はイスラエル人だけではなく、世界中のすべての人を神の元に連れ戻す
壮大な計画を立てました。
そこで人をこらしめる代わりに神自身であるイエス・キリストを
十字架の上でこらしめるという方法をとりました。
だから、大昔のようなこらしめはありません。ただ、信じるだけなんですね。
私たちがどんなに失敗しても、神は私たちを捨てることはないという
メッセージが込められているのです。

 

How to read the Bible in 66 days

 

The 7th day

 

The theme of Judge is “failure.” 

 

Deployment of Judge is a one-track repetition. Israel performs wrong to God who gets angry with Israel and troubles Israel by other races. Israel which was in pain calls and asks for God. So, Israel is saved from other races by the hero whom God looks up to.

 

Book of Judge was record, and even if Israel went wrong repeatedly, God did not throw away Israel. The love of God resembles parents’ love. When Israel does not follow an order of God, even if God gave a lesson, it tried to take it back. Prophesy of the love of such God is carried out in “history.”

 

God formed the grand plan to save not only an Israeli but all the people in the world. Then, Jesus Christ who is God itself was killed on the cross instead of making it severe to people. We do not give punishment like primitive ages. This is a message that we are saved only by believing that Christ is a savior. Even if we fail repeatedly, God will not forsake us.